究極のエロが待っている風俗

初めからデリヘル初心者だと言っておけば、風俗嬢も「じゃあ私が頑張ってサービスしなきゃ」といつも以上に頑張ろうとする意識が芽生えるのです。女性とHなことをするときは、大体それで終わりだと思います。

 

例えば全身リップで手先から足先まで舐めるプレイなどは、きっとデリヘルでしか味わえないものでしょう。しかし風俗嬢は仕事だから何しても構わないと思っていると、その思いが行動や言葉で風俗嬢に伝わってしまいます。

 

風俗嬢のためではありますが、自分のための気遣いでもあるのです。客側の自分が楽しくなるには、風俗嬢も楽しめなければ意味がありません。

 

初心者だ、というと風俗嬢になめられそうだ、なんて男のプライドもあると思いますが、初心者のうちは素直に初心者だと打ち明けたほうがあれこれ楽です。クンニをする場合はヒゲの処理、手や指で風俗嬢を気持ちよくしてあげる場合は爪の処理。

 

風俗嬢も一人の女性。一般的な女性とのHと、風俗嬢とのプレイはちょっぴり違います。

 

しかし風俗嬢には「次」があります。これらを意識せずに呼んでしまうと、いざというとき雰囲気が悪くなってしまい、結局は自分に返ってきます。

 

風俗嬢はどんな相手にも「前の客へ接客した」という形跡をなるべく残したくありません。次とは、次の客、仕事のことです。

 

その他は、デリヘルの利用法を考えると分かってきます。例えば髪や顔を濡らしたり汚したりすれば、風俗嬢は支度に大忙しになってしまいます。

 

反対に初心者だと知らせずにいると、後々風俗嬢が戸惑ってしまいます。オプションプレイで顔射、などを選んでいる場合には、その分の手数料も入っていると思って安心して遊んでOKですが、その他で故意に濡らしたり汚したりすると、風俗嬢は心の中でガッカリしてしまうでしょう。